【ベラジョンカジノ】テキサスホールデムポーカーの遊び方を徹底攻略

【ベラジョンカジノ】テキサスホールデムポーカーの遊び方を徹底攻略

テキサスホールデムポーカーってどんなゲーム?

テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れ

ベラジョンカジノはオンラインカジノではテキサスホールデムポーカーで遊ぶことができますが、どんなゲームであるか知らないという人もいます。ベラジョンカジノのライブカジノのポーカーと、カジノのポーカーとではルールに異なる点があり、ベラジョンカジノでのテキサスホールデムポーカーはプレイヤー同士が競い合うのではなくディーラーと1対1の勝負となります。ここではテキサスホールデムポーカーのルールやゲームの流れ、魅力や配当などを紹介するので参考にしてください。

ライブカジノでのテキサスホールデムポーカーの遊び方やルールは、テーブルにコミュニティカードというディーラーとプレイヤーの共通カードがあることが特徴的です。ディーラーとプレイヤー共通カードが5枚と自分に配布されるカードが2枚あり、それらを組み合わせて役を作ります。自分がどのような役をやっているか分からない場合は、画面左側で確認が可能です。最初の賭けに加えて追加で賭けることができるため、合計3回の駆け引きが可能になります。

ベラジョンカジノのテキサスホールデムポーカーのゲームの流れは、まずスタッフ2人にチップを置くとディーラーとプレイヤーに2枚ずつカードが配られます。2人のスタッフへのチップは必ず同額ずつ割り振ることが大切で、チップをクリックすると自動的に割り振られます。

最初に配布されたカードで良い役ができそうなら追加ベットで勝負します。追加ベットした場合には次の駆け引きは行われずにコミュニティーカードが5枚配布され、ディーラーのカードがオープンして決着がつきます。

最初の2枚のカードがよくない場合、チャックをクリックし様子をみるとコミュニティーカードが3枚配布されます。2回目でチェックした場合には、コミュニティーカードが全て配布された状態で追加ベットをして勝負します。コミュニティーカードが全て配布され、役ができない状態であればテキサスホールデムポーカーのゲームを降りることが可能で、降りるとチップは没収となります。

テキサスホールデムポーカーの魅力

ベラジョンカジノでも遊べるテキサスホールデムポーカーは、ベラジョンカジノというライブカジノでの駆け引きが魅力のひとつです。テキサスホールデムポーカーは、オンラインではないリアルなカジノでプレイするよりも、ベラジョンカジノのライブカジノでプレイした方が圧倒的に有利という魅力もあります。

リアルなカジノでは複数のプレイヤーとの駆け引きとなりますが、ベラジョンカジノのライブカジノでは複数のプレイヤーではなくディーラー1人との駆け引きを楽しめるため、ギャンブル性が低く簡単に勝敗がつくポーカーと言えます。

比較的強い約ができた時に、追加ベットをしなければよいので資金を減らしにくく増やしやすいのも魅力のひとつで、ベラジョンカジノのようなオンラインのライブカジノは、利用者が多いためオンラインカジノであるから採用できる変形したルールとなるものです。テキサスホールデムポーカーのルールを理解したプレイヤーだけではなく、初心者も楽しめるポーカーです。

テキサスホールデムポーカーの配当

ベラジョンカジノのライブカジノでのテキサスホールデムポーカーの配当は、スタッフの1人の賭けは2倍の配当で、もう1人のスタッフの賭けは役に応じた金額が配当され、追加ベットは2倍配当です。ディーラーと引き分けた場合には、賭け金はそのまま返金されます。

最後の5枚のカードがスリーカード以上の場合に、Tripsというボーナスが配当され、これはディーラーに負けたとして配当がつくものです。